購入者がより良い物件に辿り着けるかどうかは、不動産営業者の腕にかかっているといっても過言ではありません

マンションを購入する人のニーズは多種多様であり、立地条件や価格、プランなどの物件の条件以外にも、購入の目的や動機、理由、家族構成や親族内の事情といった様々な要素が含まれており、不動産営業を営む人は、それぞれに合わせた仲介を行っています。

また、初めての購入時や買い替えの場合、資産運用や相続対策などが絡むコンサルティングが必要となるケースにおいては、購入者がより良い物件に辿り着けるかどうかは不動産営業者の腕にかかっているといっても過言ではありません。最近は、一定規模以上の不動産会社のほとんどが自社のホームページを立ち上げています。

企業理念やスタッフのプロフィールを紹介しており、資格や得意分野、在籍期間等を掲載しているので、自分のニーズに合った対応が期待できる会社かどうか、どの様な人材が揃う不動産会社なのかをある程度把握する事が可能です。

ホームページを閲覧して自分の希望エリアを得意とする不動産企業を2社から3社選び、実際に訪問して営業担当者の接客態度や店舗の雰囲気を確かめます。

それから、「自分の希望するエリアに一番詳しい担当者を付けて欲しい」とか、「特定のマンションの取引実績の一番多い担当者をお願いしたい」といった自分のニーズに合う担当者を店長や管理職クラスのスタッフに紹介依頼をします。

きちんと個別の事情に合わせて営業担当を選ぶ企業であれば、自分の求める物件を探し出してくれるでしょう。
マンションの購入は決して安い買い物ではないので、より良い営業担当者を選び、最良の物件を探し出しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ