医療保障のある保険は、病気や怪我により入院したり手術を受けた際に給付金を受け取ることができます

被保険者が病気や怪我により入院したり手術を受けた際に給付金を受け取ることができる商品として、医療保険があります。
この商品に加入していれば、保障期間内に病気や怪我をして入院した場合は、契約時に設定した給付金の金額を入院日数に応じて受け取ることができます。

大きな怪我をした場合や、がんや心筋梗塞、脳卒中など、入院期間が長引きやすい病気になった場合は、長期の入院により医療費が大きな出費になる場合が多いので非常に助かるものです。
また最近は、入院してからの免責期間が無く、入院初日から給付金の対象となっている商品が多くあるので、そういった商品に加入していれば日帰りなどの短期の入院でも給付金を受け取ることができます。

そして、病気や怪我で手術を受けた際にも、約款所定の手術給付金の支払い対象の手術であれば、手術給付金を受け取ることができます。
商品によっては、主契約以外にも様々な特約を付加できる商品が多く販売されています。

退院後に通院治療を受けた際に、通院の給付金を受け取れる特約や、がんと医師から診断された際に、一時金を受け取れるがん保障の特約、三大疾病になり所定の状態が続いた場合に一時金を受け取れる三大疾病保障の特約や、女性疾病で入院や手術をした際に、入院給付金や手術給付金が増額される女性向けの特約など様々なものがあります。

自分が付加したい特約をつけることで、更に手厚い保障を手に入れることができるのです。
このように、医療保険に加入していれば、病気や怪我で入院したり手術を受けた際に手厚い保障を受けることができるのでメリットが大きいといえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ