火災保険では、火事の他、水害や雪害、台風や落雷による住宅の破損でも適用され、利用価値が十分にある商品です。

火災保険に加入していても、火事が起きない限り必要性が感じられないと思っている方が多くいます。
新たに住宅を購入した際に、ローンを利用している場合では、火災保険に加入することが前提とされています。
しかし、ローンの返済が終わると、保険を解約してしまう方も多くいるようです。

住宅の中でも、マンションでは壁や床、屋根などの共有部分があり、また、傷みが激しくなると管理費などで修繕するシステムを行っている場合が多いので、保険に加入することを躊躇する場面もあります。

一方で、一戸建ての住宅の場合では、外壁から屋根など全てを自分で管理しなければなりません。
その為、保険の加入率も高い傾向にあります。
実は、火災保険は火事を起こした時にしか使えない保険ではありません。

加入している保険内容によっても異なりますが、一般的な保険内容では火事の他にも、水害や雪害、台風や落雷による住宅の破損でも適用されます。例えば、強風によって屋根が吹き飛んだ場合には、保険で修理をすることができます。
また、豪雨によって屋根から室内に雨水が浸水して、室内の天井や壁に破損が見られた場合でも、全て保険で修繕をすることができるのです。

特に雪国では雪害が多く発生しており、雪の重みによって屋根が破損したり、凍結した水道管が破裂を起こしたりなどの場合も全て保険が適用されます。
さらに、家屋だけではなく、雨どいやカーポートなども補償の範囲とされているので、被害に遭遇した場合の利用価値は十分にあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ