車両保険には、強制加入の保険と、自由に選択することのできる任意加入の保険の2つがあります

車両保険に加入することの必要性が問われることがあります。
そもそも車両保険とは、自動車保険の中の一つの補償の種類に分類されており、代表的なものでは、対人賠償や対物賠償などが存在します。

対人賠償では、交通事故を起こした場合に、歩行者や相手の車、あるいは搭乗者に死傷が生じた場合に支払われる内容となっており、対物賠償でも同様に相手の車や物に損害を与えた場合に支払われるものです。

これは、一般的には補償額を無制限に設定することが基本とされているほど重要視されている補償内容です。
自動車保険には、いわゆる強制加入の保険と、自由に選択することのできる任意加入の保険の2つがあります。

任意加入の保険は、基本的に強制加入保険で賄いきれない部分を補助する役割を持っています。
例えば、自動車事故を起こしてしまい、相手を死亡させてしまった場合には、相手によっては強制保険では補償限度が低いために、生涯を掛けて償わなければならないことになり兼ねません。
しかし、現実には任意保険の加入率は100パーセントではありません。

これは、逆にいうと任意保険に加入していない人からの事故を起こされる可能性もあるということです。対人や対物賠償は他人を対象としているために、車両保険に加入していないと自分の自動車の修理が行えないことがあります。特に新車で、尚且つローンで購入されている方や、運転技術に自信の無い方などには加入することがお勧めの補償内容となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ