学資保険は、保険料払い込み不要制度があり、通常契約者に万一のことがあった場合にも安心して学資金が貯められます。

子供のいる家庭ならほとんどの方が加入している学資保険は、学資金確保に最適の商品です。
学資金を準備するには、そのほか積立貯金をするという手もありますが、積立貯金の場合には万一途中でお金が入用の時にはほとんどの人が解約して使ってしまうものです。

これが、保険となるとそう簡単には解約はできないため、満期まで貯まりやすいという性質があります。
もちろん解約はできますが、中途解約の場合は、解約返礼金という形で支払われますが、払い込んだ保険料の何割かは戻ってこないのが現状です。

契約行為を途中でやめる訳ですから、ペナルティがつくのは当然のことです。
しかし、これも考え方ですが、解約がしにくいものほど確実に貯めることができます。
このような保険ですが、学資保険には学資金を確実に貯めることができる制度があります。
それは、保険料払い込み不要制度です。

保険期間中に契約者に万一のことがあって保険料の支払いが困難になった場合に、保険料を払わなくて良いというものです。
また、契約者が死亡した場合も同様です。
そして、払い込みは不要になっても、契約書に記載されている生存保険金や満期保険金は支払日がくれば受け取ることができます。

これは、非常にありがたい制度だと言えるでしょう。
通常契約者に万一のことがあった場合、家庭生活は大打撃を受け、子供も進学どころの話ではなくなってきますが、このような商品に加入しておくことで、月々の生活は大変でも勉強だけはどうにかしっかりさせることができるのです。未加入の方は、早めに加入しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ