終身保険一つで一生保障を手に入れましょう

昔から生命保険といえば、一番に挙げられるものが終身保険です。
終身保険が相変わらず人気があるのは、やはり中身が充実しているからだと言えます。
その中身はと言いますと、まず一番重要な部分は、終身に及ぶ保障があります。
その部分は掛け捨てではなく、基本的にはその保障を積み立てていくものです。

この保険が若干掛け金が高くなってしまう理由は、この終身の積立部分にありますが、その代わりに、一生の補償が手に入る訳です。
そして、次に終身の部分の上に乗る死亡保障で、この部分は掛け捨てとなっています。

大体が60歳ごろの定年に合わせて、この上乗せ部分が減額されるようになります。
現在では、ある程度の年齢になると少しずつ減額されて、掛け金も同時に下がっていく仕組みになっているものもあります。
次に重要なものは、入院の保障です。

現在は、医療保険として別々に加入するところもあります。
更に、災害や事故によって後遺障害や死亡してしまった時の補償もプラスすることが出来ます。
色々な補償が全部セットになった保険であり、これに入っておけば最低でも何かあった時は補償されるというとても便利な保険です。

最近では若い人だけではなく、高齢者の方でも入る方が増えています。
若い頃から満期のある保険にしか入っていない方が多くて、せめて自分が死んだ後に葬式の費用だけでも残したいという方が多いようです。

ただし、若い内に加入しておけば終身部分を払う年数が長いので掛け金が安く済みますが、高齢者になれば払う年数が少ない分掛け金はとても高くなる可能性があります。
もちろん、相続税対策で入る方もいます。
また、年齢が高くなると入院等の掛け金はとんでもなく高くなることがありますし、審査もありますので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ