ガン保険は医療保険の中にガンと特約で付けることのできる商品も発売されています。

ガン保険には加入しましょう。
自分がガンになるはずがないと思っている方もいるかもしれませんし、もちろんガンにはならないことに越したことはありません。
しかし、これから先のことは誰にもどうなるか分からないものです。

唯一つ言えることは、ガンとなった場合には高額な療養費を要するということです。
最近よく聞く先進医療は保険適用外となっていますので、普通の家庭では対応しきれません。
先進医療は内容によりますが、300万円以上かかるものもあります。

万一これが払えたにしても、ガンはまた再発の恐れも十分にあるものです。
そのような事態になる前に、一度ガンについてじっくり考えて見ましょう。
きっと、ガン保険の必要性を感じることと思います。
もう一つの注意点は、配偶者にも加入を検討しましょう。

ほとんどの家庭では、働き手のご主人を中心に保険を考えますが、専業主婦の奥様がガンになっても同じことです。
家庭に与えるダメージは計りしれないものがあります。
もちろんガンになんかならないほうが良いし、かかることなくこの世を去ることになるかもしれません。

それはそれで、良かったときっと思える時が来るはずです。
最近では、保険料も医療保険に比べると随分安くなっています。
また、医療保険の中にガンと特約で付けることのできる商品も発売されていますので、必ずしも医療保険とガン保険を分けて加入する必要はありませんので、一度保険会社に相談してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ