最近、自転車が注目されていますが、安心して運転するためには自転車保険の加入が必要です。

最近健康志向の人が増えてきており、注目されているものが自転車です。
デザインもオシャレになるなど、子供だけではなくどの年代でも、乗っていても格好良く感じるものも多くなってきています。

このように身近になった自転車ですが、手軽さや子供でも乗れるということから車両という感覚が薄れている人も少なからずいるものです。
そうしたことから、自転車保険に入らずに乗っている人が多くいます。

自転車は車道を走らずに歩道を走っている人も多く、そこではどうしても接触などもしてしまうケースも多く見られます。
自転車からは軽く当たった程度と感じる場合もありますが、高齢者などに少し当たっただけでも、転倒されてしまうと大怪我になる恐れもあります。

事故を起こしてしまえば、当然賠償請求というものがあります。
多くは軽い事故で、かすり傷程度で済む場合もありますが、時として甚大な事故も起こり得ます。
死亡事故などが発生してしまえば、数千万円、数億円といった賠償を請求されることも珍しくありません。

自動車などの場合は自賠責保険が必ず加入されていて、自動車購入の際には任意保険も勧誘などをされて入る場合がほとんどです。
しかしながら自転車というのは、盗難などの保険は入るものの事故などを起こした場合の保険にはあまり加入していないものです。

保険というのは自分の為でもありますが、怪我などをさせてしまった相手の為でもありますので、何かあってからでは遅いので、まだ加入していない方はすぐに自転車保険に加入すべきでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ