死亡保険とは、被保険者が保険期間内に死亡した場合に保険金が支払われるものです

保険とは、契約者から見れば、もしもの際に備えて平素において少額の保険料を納め、被災したり病気になった際に保険料を受け取る制度です。
保険の中でも、人の生死や疾病に係るものが生命保険で、現在、多くの生命保険会社から様々な生命保険が販売されています。

その内容も多岐に及び、複雑で分からないと良く言われています。
しかし、複雑だと言われる各種生命保険も、実は基本的な2つの保険の組み合わせで出来ています。

この基本的な2つの保険とは、死亡保険と生存保険と呼ばれるものですが、通常、これらを組み合わせた生死混合保険を含めて基本的生命保険商品と言われているのです。
死亡保険とは、被保険者が保険期間内に死亡した場合に保険金が支払われるものですが、更に、保険期間の長さによって定期保険と終身保険の2種類に分類されます。

定期保険は、一定の保険期間内に被保険者が死亡した際に保険金が支払われる保険で、終身保険は、保険期間が一生涯であり、被保険者が死亡した際に保険金が支払われます。
2番目の基本的生命保険商品である生存保険は、前者とは逆に、被保険者が設定された保険期間内に生存していた際に満期保険金が支払われる保険です。

これら死亡保険と生存保険の折衷案が生死混合保険であり、被保険者が設定された保険期間内に亡くなれば死亡保険が支払われる事になり、保険期間内に被保険者が生存していれば満期保険金が支払われる事になるもので、代表的な生死混合保険としては、養老保険があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ