インターネットの普及により、通販型を専門とする生命保険会社や損保会社が市場に参入することになりました。

日本では、保険について規制があったために、各企業によって大きなサービスの差が無かったのが現実でした。しかしながら、1996年の法律改正により大きな転換点を迎え、商品などの自由化により競争が激しくなり、大手の生保外会社や損保会社ではCMなどを積極的に活用し、自社の商品の宣伝に力を入れてきました。

さらに、業界の大きな変革として、インターネットの普及により、通販型を専門とする生保会社や損保会社が市場に参入することになります。
このような状況から、消費者にとっては選択肢が大きく増え、様々な商品やサービスの比較が必要となりました。

その結果、各生保会社や損保会社に資料請求を行い、資料や約款を詳細に検討する必要があり、大変な労力を求められることになりましたが、それを解消するために、複数の損保会社や生保会社に対して、一括して資料請求を行うことが出来るサービスが登場します。

このサービスは、自分の住所や年齢、病歴などを入力するだけで資料請求が可能となっており、多くの手間を省くことが出来ます。
このようなサービスは複数のサイトが行っており、取り寄せることの出来る資料の数などが異なることから、自分の希望する会社の資料請求が出来るサイトを選ぶことが必要です。

さらに最近では、複数の生保会社の商品を扱う専門の業者も登場し、インターネットから簡単に面談の予約をすることが出来るようになりました。
このサービスを利用すれば、第三者の専門家のアドバイスを受けつつ保険を選ぶことが出来るため、本当に自分にあった商品を見つけることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ