収入保険は、契約者が死亡した場合や、病気やケガで就業不能の状態が続いた場合にも保障が効きます。

保険というと、生命保険や医療保険の関心が一般的に高く、一番見かけるのもこれらの商品のパンフレットです。
しかし、住宅ローンを抱えている家庭には、もう一つ考える必要のある保険があります。
それが、収入保険です。

通常、住宅ローンを申し込む際には、団体信用生命保険に加入します。
加入することにより、万一契約者が亡くなった場合には以後の住宅ローンは免責となりますが、ここで一つ問題が生じます。

働き手のご主人が亡くなると、家庭に入ってくる収入がなくなるということです。
もちろんそれも計算に入れて生命保険に加入しているならば問題はないでしょうが、通常そこまで計算通りに生命保険に加入している方はなかなかいないものです。

もし、そのような方がいるのであれば、その方はかなり経済的に余裕のある方だと言えるでしょう。
収入保険は、文字通り契約者が死亡した場合や、病気やケガで就業不能の状態が続いた場合にも保障が効きます。

就業不能の状態は保険会社により多少違いがあるかもしれませんが、通常6ヶ月を超えると保障の対象になります。
ここがポイントです。

死亡なら生命保険金がありますが、長期入院といった場合には、医療保険しかあてにできません。その保険金は、病院への支払いで終わってしまうため、生活費に回すのは困難です。
そのようなことからも、この保険をお勧めします。
保険料はそれほど高くはないものの掛け捨てとなりますが、加入を検討すべき商品です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ