個人年金保険は、60歳から一定額支給できるといった金融商品で、年金の不安が高まる現在に需要が高まっています。

近年では、年金への不安が高まっています。
今までは60歳支給開始で、支給開始年齢を引き上げることで年金額の総額が見込まれていたのですが、日本は少子高齢化が進んでおり、その状況は変わってきています。

年金というのは積み立て式ではなく、若い人が高齢者を支えるという形で支給されているものです。
昔ならば十数人で1人を支えていたものが、高齢化が進むことにより5人で1人など、どんどん支える側が少なくなってきています。

そこで、年金支給額を抑える為に、年金支給年齢を引き上げるなどの措置が取られるようになりました。
今後70歳になって初めて支給という形もある為に、定年退職後、それまでの期間をどのように生活していくかが大きな鍵となっています。

そこで注目されているのが、個人年金保険です。
これは、60歳から一定額支給できるといった金融商品で、一般的には積み立て方式で、老後の心配を少なくすることが出来ます。

これの良い点というのは、保険によっては、生死に関わらず受け取れるという点です。
保険というのは一般的に対象者が死亡などしてしまった場合には無効になるケースも少なくないのですが、積み立て方式なので受け取ることが可能となっています。

これにより、本人だけでなく、残された家族の不安も取り除くことが出来るのです。
積み立てということで、運用方法にも色々な種類から選択することが出来ますし、ドルなどの外貨で積み立てたりすることも可能です。
良く検討して個人年金保険に加入し、老後を安心して過ごせるようにすることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ