自動車の盗難保険は、盗難だけではなく、車のガラスを割られた場合や、車のカギ穴を壊された場合にも保障されます。

自動車の盗難はあまり遭う可能性が高くないため、自分が被害に遭うかもしれないと考えている人は少ないと思います。
しかし、この治安の良い日本でも年々増加傾向にあるのも現実で、それでは少し甘い考えかもしれません。

盗難保険は、車が盗まれた場合にのみ補償があるように思われがちですが、実は、それ以外の場合でも支払われることがあります。
例えば、車そのものを盗むつもりはないが、車内のものを盗むために車のガラスを割られた場合でも補償の対象になることがありますし、それと同様に、車の中のものを盗むために車のカギ穴を壊された場合も、その修理費が補償の対象になるケースが存在します。

盗難保険は、車の盗難に遭った時にはとても心強い保険ですが、盗難保険に入る前に、まずは車の盗難に遭わない努力が必要です。
保険に入ることで車自体は戻ってくるかもしれませんが、車との思い出や、車の中にあった大事なものなどは戻ってきません。

車の盗難に遭わないために気を付けるべき点ことは、まず当たり前のことですが、必ずロックをかける、窓を閉めるということです。
ちょっと車を離れるだけだからという油断が、車の盗難に遭う結果になってしまうことは少なくありませんので、必ずロックをかけましょう。

そして、これも大事なことですが、スペアキーなどを車内や、車のバンパーなどに隠さないことも重要です。
盗難対策をしっかりした上で保険に入り、安心の車生活を送りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ