積立型とは、保険の補償機能にプラスして貯蓄機能が備わっている商品のことを総称しています。

保険のタイプには、積立型と掛け捨て型があるのをご存知でしょうか。
まず、積立といわれている商品そのものがあるわけではなく、本質である補償機能にプラスして貯蓄機能が備わっている商品のことを総称して積立型と呼んでいます。

これは、掛け捨て型の商品よりも支払う費用が割高になりますが、補償部分にプラスして貯蓄部分に当てるため費用が掛かるからです。
そして、契約により定められた一定の条件を満たすことで、受け取ることができる保険金だけでなく、満期日が来た場合には満期金を受け取ることができるような仕組みになっています。

また、途中で解約となった場合でも、解約返戻金という、それまでの加入歴などと照らし合わせて計算された解約金を受け取ることができます。
生命保険だけでなく損害保険でも、積立に重点を置いた商品があります。

生命保険では、契約終了までの期日が設けられている養老保険、個人年金、学資保険などの商品と期日が決まっていない終身型の商品があります。
一方、損害保険の場合には、火災保険、自動車保険、傷害保険などの商品が有名となっており、満期返戻金を受け取ることができるようになっています。

満期返戻金は、積み立てられた金額に運用により得られた利益をプラスした金額となっており、運用成績により変わってくるものです。
運用益が予定利率よりも良かった場合には、契約者配当金といわれる配当金を手に入れることができる場合もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ