万一の時の為に貯蓄をするから生命保険には入らないと考える方もいますが、貯蓄では賄え切れない場合も多くあります

現在は生命保険の種類がとても多くなっています。
持病があっても入れる商品や癌保障に特化したもの、高齢者を対象としたものや女性専用の商品等数え切れない程のバラエティの豊富さです。

余りにも種類がある為に、加入しようと計画してもどれが良いのか分からなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。職場にやってくる保険のセールスレディに色々勧誘される方もいますが、これ以上勧誘されるのが面倒だから加入した、払えそうな値段を提示されたから決めたといった様な契約の仕方は絶対に避けるべきです。

これから先長い間の付き合いとなるものですし、治療が必要になった場合に自分に直接の影響が及び、死亡した時の家族の生活にも関わってきますので、保障内容は吟味して決めなくてはなりません。

若くて健康な時は「貯蓄の為の支払いなら戻ってくるから良いけれど、生命保険は手元に戻ってこないからお金が勿体ない」と考えてしまう方もいるでしょう。

しかし、大病や怪我は何時自分に降り掛かるかは誰にも予測できないもので、もしその様な場合になったら万一に備えてあった貯蓄も一瞬で消えてしまうかも知れません。
その後の治療費の捻出方法にあてが無いと困っても、もう手遅れになってしまうのです。

そうならない為に、毎月支払う保険料は家計の中での必要経費と心得るべきなのではないでしょうか。家計を支える父親が死亡してしまった場合には幾ら位の保障を、母親が入院した場合は1日幾ら位、子供が怪我をしたら幾らの保障等といった具体性を持って商品選びをすることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ