自動車保険は、運転する人が必ず加入しなければならない自賠責保険と、強制ではない任意保険があります

現代の生活では、特に地方では自動車が無ければ成り立たないという位、自動車の存在は大きなものです。一家に一台だったのが一人一台になり、実に多くの人が車を運転する時代になりました。

そんな普段の足として身近な道具ではあるのですが、一つ間違えれば重大な事故に繋がる危険性を常にはらんでいるというのはつい忘れがちになるかも知れません。その万が一に備えて、運転する人は必ず自動車保険に入らなければならない事になっています。それが自賠責保険というもので、法律で決められていますので強制的に加入させられます。

自賠責保険は対人の保険で、事故を起こした際、一名に付き死亡なら3千万円・傷害なら120万円等とケースバイケースで下りる額が決まっています。
しかし対人ですので怪我をさせた相手へは保険金は下りますが、その車の修理代や自分に対する治療代や修理代は補償されません。

相手から修理代を請求されてその額が大きい場合、又は死亡事故なら賠償金は1億とも2億ともなる場合も珍しくない中、自賠責の補償では全く足りません。それを補うのが任意保険で、これは強制ではないので加入するか否かは本人が決められますが、億単位の賠償金を背負わされる可能性があると知ればどうすべきかは明白でしょう。

相手に対する対人及び対物保険・自分又は同乗者に対する保険・自分の車に対する保険に分けられていますが、大抵はこれらが一緒になったパッケージ商品が販売されています。非常に多くの自動車保険会社がありますので、内容と値段などを比較して検討すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ