海外保険会社も多く参入しており、得意とするダイレクト販売と保険料の安さで契約者数を伸ばしています

保険と言えば、今までは保険販売員が直接出向いて直に説明を聞くという様なスタイルが一般的でした。
しかし現在はインターネットの普及により、販売員を通さなくても自分で内容をネットで調べて契約するというダイレクト保険もスタイルの一つとなっています。

ダイレクト保険のメリットとしては、まず何と言っても保険料の安さでしょう。
インターネット割引があったり、証券発行を省く事で割引されたり、色々な特典もあるのでお得感があります。

また、インターネットで全てを行いますので、時間を選ばずに利用できるという点も今の忙しい現代人にとっては嬉しいメリットです。
ダイレクト販売を得意とするのが海外保険会社ですが、現在は沢山の外資系の会社が参入していてその割合も多くなっています。

癌保険のパイオニアともされるのがアフラックで、癌治療に対する手厚い保障を受けられる商品を筆頭に、安い保険料が一生涯上がらず内容も分かり易くて高評価を得ている「EVER」、世界でも初となる「痴ほう介護保険」等、癌保険・医療保険で業界トップのシェア率を有しています。

日本参入会社の中で最も古い歴史を持っているのがアリコジャパンで、「三大特定疾病保険」や「無配当の生命保険」等といったアイディアを、何処よりも早く日本に持ち込んだ会社でもあります。

人の体験談等を取り入れて効果的に宣伝するインフォマーシャルを巧みに使いこなし、あっという間にその名を浸透させ、圧倒的知名度を手に入れています。
他にも、チューリッヒ生命・アクサダイレクト・アメリカンホーム・ダイレクトとどれも名の知れた会社ばかりで、それ程に外資系は国内に溶け込んでいると言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ