様々なトラブルを解消すべく、2010年から保険法に代わり抜本的な見直しがされました

今はテレビを見ていてもラジオを聞いていても生命保険のCMを見聞きしない日はないという位、沢山の生命保険の商品が様々な内容で出回っています。
昔とは違い、簡単に入れるものも多くなりましたので、多くの方が保険に加入している事でしょう。

これまでは、商法で取り決めされていた保険契約を交わす中で様々なトラブルも発生していました。それを解消すべく、2010年に保険法という法律の下で保険契約が執行される事になり、抜本的な見直しが行われる大きな転機となり、これにより保険加入者にとって不利な状況を回避できる様になったのです。

例えば、今までは保険金の支払い事由が発生して契約者がその請求をしたとしても、更に詳しい事実の確認が必要になった場合は、期限を定めずに作業が終わるまで支払いを待つしかありませんでした。

しかし、保険法の施行により、支払対象の事実が本当にあるのか確認する時は60日以内・専門的な調査や分析が必要な場合は120日以内等、起こり得るケースを詳細にカテゴライズし、それぞれの支払期限が厳密に定められたのです。

また、過去には保険金目当ての残忍な事件が何件も起こっていますが、各保険会社も約款や故意の事故や不法行為に対しては支払いをしない等の内容は既に載せており、保険法によって支払いをしない場合や契約解除の規定がより明確になりました。

他にも、遺言によって受取人が変更できる様になったり、解約後も未経過保険料が返金される様になったりと加入者にとってためになる仕組みに変わったので、より安心して加入できるようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ