こども保険は、成長すると必要となる教育資金の為に貯蓄をする保険です

保険に加入するというのは、一昔前までは一家の大黒柱に万が一が起きた場合、家族が路頭に迷う事のない様という意味合いで加入するケースが一般的でした。
しかし、今は癌治療に特定した保険や女性の為の保険、高齢からでも入れる保険等様々なタイプがあり、加入するという行為が随分身近に感じられる様になっています。

その中の一つにこども保険という商品があり、基本的には将来必要となってくる資金に対して貯蓄をするという趣旨のもので、資金が必要となる時期に合わせて満期を設定し、高校受験や大学受験に合わせ15歳・17歳・18歳・20歳・22歳等と選ぶ事ができます。

商品の中には中学・高校の入学時期に合わせて祝金が出るものもありますので、希望ならばその有無もチェックしましょう。医療保険の様な性質でなく単に貯蓄が目的なら、わざわざ加入しなくても自力で貯金しても変わらないのではと疑問に感じる方もいるかも知れません。

しかし、こども保険の加入によって長期にわたり教育資金の貯蓄が確実に行われるというのは大きい事だと言えます。

今月はちょっと家計が厳しいというタイミングは誰にもある筈で、つい貯蓄分を家計に回してしまうという事は起こり得るものなので、強制的に貯蓄する事で子供の将来の教育資金を間違いのない存在にするというのは心強いものがあります。

貯蓄型だけでなく、希望であれば子供の怪我や入院もしくは万一死亡した場合に支払われる医療保障も加えられる商品もありますので、子供の将来をより豊かに迎える為に、こども保険を検討してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ