医療ミスによる慰謝料の相場は、その事故の内容によって大きく変化してきます

医療ミスとは医療に密接に携わる医師や看護師などが人為的ミスにより患者に対して的確でない処置を施してしまうことで、その結果患者は死亡、あるいは重い症状になってしまうこともあります。

そのため病院でも安全対策委員会やリスクマネージメントといった機関を作り事故を防ぐために改善点がないか、また事故があった場合その後の対処や同じことを繰り返さないためにどうすれば良いかなど、定期的に会議を催し検討されているところが多くなっています。

また日々の業務では薬品の使用や患者の検体を取り扱う時など、いつでも自分と、もう1人のスタッフで間違いがないか確認するダブルチェックに関しては当たり前の作業としてほとんどの病院で徹底しているのです。

それでも起こってしまうのが医療ミスですが、裁判に至る事例には、採血による血腫や神経損傷などから、診断の見落とし、薬品の処方間違いや処置の間違い、投与薬の間違いや観察不足により患者が死に至るケースまでかなりの多岐にわたります。

そこで裁判によって支払われる慰謝料ですが、死に至るようなケースでない場合は50万円から100万円程度が相場で、死に至るような場合では数千万円になることもあり、その事故の内容によって大きく変化してきます。

医療者側は医療事故が起きないよう細心の注意を払って毎日勤務することは勿論ですが、もし事故が生じてしまった場合には医療訴訟を専門としている弁護士もたくさん存在するため自分の話を理解してくれる良い弁護士と出会い、納得のいく審議が行われるようにすることが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:慰謝料

このページの先頭へ