追突事故にあった場合の慰謝料の相場とは

慰謝料は、肉体的な苦痛や精神的苦痛を被った場合に、その苦痛を与えた相手に対して請求できる損害賠償のことです。
離婚の場合などで良く耳にしますが、交通事故に遭った時にも請求できます。

どのくらいの金額を請求できるかというと、受けた肉体的精神的苦痛にもよりますが、これは本人にしか分からない苦痛なので、本来ならいくらでも請求が可能です。
しかし、それでは社会的な秩序が混乱してしまいますので、大体のケースによって、保険会社によって相場が決められています。

例えば、自動車に乗っていて後ろから追突事故を起こされた場合には、追突事故でむち打ち症などにかかって入院加療が必要な場合、自賠責保障の規定によって、1日あたり一律4200円が支給されることが決まっています。
これに、治療に要する期間を足して総額が計算されることになります。

自賠責保険でいうところの治療期間というのは2つあって、1つは、入院期間と通院期間をプラスしたもので、もう1つは、実通院日数といって、入院期間プラス実際に病院に通った日数に2をかけたものです。
これらの2つの内、日数の少ない方が採用されます。

ちなみに自賠責保険では、1人あたり最高で120万円までしか出せないことになっているので、計算の結果、それを超えるようだと任意保険か、加害者本人に請求することになります。
このようなことから、自賠責保険の他にも任意保険に入っておくべきだと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:慰謝料

このページの先頭へ