もらい事故による慰謝料の請求について

もらい事故とは、信号待ちで停車中に追突されるなど、被害者には全く過失の無い事故のことを指します。双方に過失の有る事故であれば当事者の保険会社同士での示談交渉が行われるのが通例ですが、このような過失の無い事故の場合、被害者側の保険会社は示談交渉を行うことが出来ません。

そのため、自分で相手の保険会社と交渉するか、弁護士などに依頼して代理で交渉してもらうという選択に迫られます。
そのような際に、弁護士費用や訴訟費用などに関して補償する特約が付帯する保険が増えており、こうした特約によってリスクに備えることも必要です。

もらい事故においての慰謝料に関してですが、自賠責を基準とした場合の金額と、任意保険を基準とした場合、日弁連の基準とする金額は違っていて、自賠責の金額が一番小さく、日弁連の基準が一番大きくなります。

従って、示談交渉をする際には、少なくともどのような基準をもとに算定されているかについて注目することが必要です。一般的に弁護士に依頼した場合には、一番大きい額である日弁連の基準で慰謝料を請求するので、より多くの賠償を得たい場合には弁護士に依頼するのも良い方法だと言えます。

しかし、怪我が軽度な場合、弁護士費用特約などに入っていない場合に弁護士費用で結局受け取れる額が減る可能性もあり、このような場合には弁護士も依頼を断ることが多いです。もらい事故に遭ったらすぐには示談せず、精神的に落ち着いた時に無料の相談窓口に相談をして、適切な慰謝料の支払いを受けられるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:慰謝料

このページの先頭へ