セクハラに対する慰謝料の相場について

交通事故の慰謝料などは算定表などを基準にして請求できますが、セクハラの場合には金額に決まりがありません。
しかし、過去の裁判例などから5万円から300万円で和解が成立していますので、それが相場になるでしょう。

セクハラには、大きく分けると性行為の有無や継続性、悪質性、退職や配置換えなどの「対価型」と、仕事に集中できなくなる程の性的な発言などの「環境型」があります。
裁判においては、これらの様々な事情と事実経緯が考慮されます。

例えば、性行為まで至っていない場合は100万円以内が多く、性行為に及んでいる場合は100万円以上がほとんどであり、更に悪質性の高いケースには800万円を認めた裁判例もあります。

また、退職に至った場合は、精神的苦痛に対する慰謝料の他に、職を失ったことによる賃金数か月分の滅失利益と、精神科への通院費などの損害賠償も別途請求できます。
裁判例以外では、裁判には持ち込まずに示談で解決した場合で300万円以上の慰謝料がもらえたというケースも少なくありません。

なぜならば、示談の場合は加害者本人が会社に知られることを恐れて、相場よりも高い金額を言って来ることが多い為と予想されます。
あるいは、会社側が裁判沙汰になると会社の信用問題に係わるとして、高い金額で示談を申し出ることがあるからです。

セクハラに対する慰謝料の請求先は、加害者本人のみならず雇っている会社に請求することも可能で、訴えることで減給や左遷、解雇を言い渡されることがあるかもしれませんが、それも法律違反になりますので、報復を恐れずに立ち向かいましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:慰謝料

このページの先頭へ