自己破産で借金の返済を免除になることができるかもしれません

生活費が足りなくなったり、どうしてもまとまったお金が必要になった時に、金融機関や貸金業者から借金をする人もいます。

無事に返済出来ればよいのですが、予定していた収入が入らなかったりして、返済することができなくなり、返済のためにまた違う業者から借りる、という悪循環に陥り多重債務になってしまう人も最近は多いようです。

このように、返済が困難となり、生活できなくなってしまった人を救済する方法として、自己破産があります。
まず、自己破産は自分で裁判所に申し立てを行います。

そして裁判所で認められると、まず、ほとんどの借金の返済が免除されます(ただし、税金など免除されないものもあります)。
その代わり、必要最低限の財産以外は所有権を失い、一定期間クレジットカードの作成やローンを契約することができないなどの不利益が生じます。

しかし、返済に追われて生きることすらままならないという状態から脱出できることを考えれば、多重債務者にとっては有難い制度と言えるでしょう。
自己破産が認められるかどうかは、裁判所の決定を待たなければなりません。

ギャンブルで作った借金など認められないものもあるために、まず、申し立てをする前に、自分がどんな状況かを把握するためにも弁護士や司法書士に相談するとよいと思います。
申し立てなどの代行には費用がかかりますが、相談を無料で受けつけている事務所もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自己破産

このページの先頭へ