東京での自己破産が多い理由とは

東京都は、日本全国の中で最も自己破産件数が多い都道府県として知られています。
その理由として、他に比べると圧倒的に人口が多いため、破産申請を行う人の数も相対的に多いということがまず第一に挙げられます。

また、第二の理由は、他都市に比べると起業をする人が多いということです。
数多のビジネスが行われている都市であるために、ビジネスチャンスも他に比べて多いことから、たくさんの人が起業します。

しかし、当然にして起業で失敗してしまう人も多く、そのような人が破産申請を行うことになるので、申請件数の絶対数も多くなってくるのです。
そのため、東京都には自己破産の申請や債務整理を専門とする弁護士もたくさんいます。

申請件数自体が多く弁護士需要が高いので当然といえば当然なのですが、多くの弁護士がいるということは、その分、弁護士間での顧客獲得競争が激しいということでもあります。

法的手続きの申請を考えている人にとっては、非常に有利な状況と言えるのです。
実際、地方で申請手続きを行うよりも、東京都で行った方が安く済むケースが多くみられます。

その理由として、それほど多くの弁護士がいない地方の場合は弁護士間の競争も激しくないために、依頼報酬がやや高めの傾向があるということが挙げられます。
また、申請手続きに慣れている弁護士が多いため、破産申請手続きがスムーズに行えるという点も、東京都で申請するメリットの一つと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自己破産

このページの先頭へ