自己破産をした場合のクレジットカード作成について

多重債務に陥るなどして返済能力が無くなってしまっている状態と認められた時に、全ての債務に関して返済が免除される免責が得られるのが自己破産です。
しかしながら、換金性のある資産を処分したり、一部の職業に関して、一時的ではあるものの制限を受ける事になります。

それでは、クレジットカードなどは作る事が可能なのでしょうか。
結論から言うと、すぐには無理であるという事になります。
第一に、自己破産は1回すると基本的に7年は再度の免責は受けられないとされているため、借金によるリスクを回避する意味と考えると良いでしょう。

一方で現実的な理由としては、銀行のローンやカード発行の際の信用情報を登録している機関であるCIC・JICCでは5年、全国銀行個人信用情報センターには10年、破産関係の事故情報は記録されます。

そのため、この期間は審査に通る事が出来ません。
また、以前取引があった会社に関してはこの期間を過ぎても発行は出来ないと考えた方がいいでしょう。

何よりも、最近のネット通販等では不便を感じる事があるかもしれませんが、クレジットでのショッピングも借金であるという認識を持つ事が、自己破産をした人に限らずに必要とされます。

どうしても決済方法としてクレジットと同様に使えるものが欲しいという場合には、デビットカードと呼ばれる銀行口座に予め入金された範囲で、即時決済を行うタイプのものがあります。こういった借金とならない、自分の収入に応じた取引の出来る決済に慣れるというのも必要とされているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自己破産

このページの先頭へ