個人の自己破産は慎重に考え、困った場合には弁護士などに相談することが良いでしょう

個人でも、家や車のローンのような大きな借入から、学資などの教育ローン、クレジットのリボ払いなど、借金は意外に身近なものです。
一方で生活資金の中で借金をしているのであれば問題ありませんが、自分の収入以上に返済金額が多くなった場合には生活が回らなくなり、借金の返済が滞ることもあります。

そして、その借金の返済が滞りお金を回していくことができなくなった場合、自己破産をしなければならない事態も考えられます。
自己破産というとイメージが悪いですが、破産することによって生活を改善しなければならない時もあります。

例えば、借金の返済に追われ、ストレスが多く溜まってしまって疲弊するよりも、自己破産することによってその状態から抜けることが可能です。
その結果、新しい生活、新しい人生をスタートさせることになります。

しかし、破産をした場合はその後の生活にデメリットもあり、自分自身でクレジットカードを作れなかったり、または借り入れができないなどが挙げられます。
また、個人から借りていたり、仕事上の顧客など、身の回りの方に大きな迷惑をかけることにもなりますので、慎重に考えて自己破産という選択をしなければなりません。

そこで、困ったときには弁護士などにまず相談することが重要です。
本当に債務整理のために自己破産か、あるいはこのまま返済を続けるのかなど、状況によって変わってきますので、最寄りの専門家に相談してみるとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自己破産

このページの先頭へ