自己破産免責決定済みであれば消費者金融からの融資が可能

自己破産した場合、何らかの事情で融資が必要と思っても新規の借り入れは難しくなってきます。それは、大手の消費者金融や銀行は大多数が系列を持っていたり、グループ会社になっているため過去の情報が共有できるからで、過去の取引履歴から破産や債務整理、或は遅延が判明すれば借り入れはかなり厳しくなります。

例えば、通常は自己破産者は5年以上経たないと新規のキャッシングサービスを受けたりローンを組んだり、またはクレジットカードを作ったりすることはできず、信販会社に至っては7年、銀行では10年以上の経過が必要と言われています。

ですが、実は自己破産免責決定済みであれば消費者金融から融資を受けることも可能で、裁判所から破産者や債権者に免責決定の通知がなされ、その決定に対しての即時抗告がなければ免責確定となり効力が生じます。

その効力については、まず破産者は破産債権者に対しての債務の支払い義務が無効となります。
加えて、破産者という地位からも復権するため公私の資格制限がなくなり、消費者金融への申し込みも可能です。

申し込む際には破産前とは違って提出する書類が増え、初回の融資額の設定も低いものですが、遅延なく返済していけば設定額も上がっていきますので、きちんと返済するようにしてください。

また、中には破産していても現状で審査可能な正規登録の消費者金融も存在します。
その場合は、金利は法律の範囲内での貸し付けとなり、安定した収入があるか、勤続年数が1年以上か、他社での現在の借り入れで遅延がないかなど審査も厳しく行われることになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自己破産

このページの先頭へ