自己破産をすることで生活再建した人々の多くは、家族レクレーションや旅行などを楽しみ、安心して眠れる日々を送っています

自己破産とは、裁判所に破産申立書を提出して免責許可をもらい、全ての借金を帳消しにする手続きです。

破産が可能なのは、債務者の負債額や収入、資産等の状況から総合的に判断して支払い不能となった場合で、一般的に自己破産というと、人生が終わってしまうようなマイナスのイメージを持つ人が多いですが、破産手続きは生活を再建する為の救済措置でもあります。

ですから保証人になっていない限り家族に迷惑が掛かる事はなく、家族がローンを組む際にも悪影響を与える事はありません。

破産の手続きには管財と同時廃止の2種類があり、管財事件は裁判所に破産申立をした際に、申立人に債権者に配当すべき財産がある場合に適用されます。
これに対し、配当するべき財産がない場合や特に価値が認められる財産を持っていない場合には、同時廃止事件として処理します。

破産後は約5年から10年借入ができなくなり、クレジットカードの利用やローンを組む事はできません。また、破産手続き後7年間は自己破産ができないので、悪質な金融業者が融資を勧めるダイレクトメールなどが頻繁に送られてくる事が多くありますが絶対に手を出してはいけません。

他にも、破産手続き後は免責決定を受けるまで警備員や士業など就けない職業が一部あるものの、履歴書に破産した事実を記載する必要はないのでほとんどの職に就け、生活再建へ悪影響を及ぼす事はないでしょう。破産手続きを行い生活再建した人々の多くは、家族レクレーションや旅行などを楽しみ、安心して眠れる日々を送っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自己破産

このページの先頭へ