企業における人事部の役割について

企業における人事の役割は会社によって違いますが、ほとんどの共通分が下記になります。
一つ目は採用です。
企業の欲する人材はそれぞれ違います。
キーとなるのは経営者であリ、経営者と打ち合わせを行い欲しい人物像を決定し、選考の受付、会場確保や面接の応対や筆記試験などの選考補助の業務を行います。
2つ目に研修です。

自社の人材を育成する上で何が足りないのかなどの分析や講師を直接行うこともあれば、外部講師への依頼や研修自体のプログラムの作成を行うことも業務の一つとなります。
3つ目に労務管理です。

例えば社員に結婚したりするものが出れば家族扶助などの手当が算出し、また異動の時期にはそれぞれの社員への転居補助などの手続きを行います。
また、突発的に起こる業務として労災保険が手続きがあり、社員が業務中に怪我をした場合の確認作業も人事の業務の一つです。

4つ目に給与管理です。
社会保険や税金を考慮して給料の明細をパソコン等で作成します。
年末には源泉徴収をまとめ年末調整などもありますので繁忙期といえるでしょう。
5つ目に福利厚生です。

福利厚生は企業によって内容が様々ですが、限りある予算の中から自社の社員最適な福利厚生制度の設計を行うことも業務の一つとなります。
最後に人事考課です。

考課自体は各社員の直属の上司が多いのですが考課基準を作成すること自体が業務の一つであり、考課内容を元に昇給や昇格を決定したりします。
他の社員のサポート業務が多いように思われますが、上記の様に専門の業務もあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ