人事、労務に関する相談は給与計算の代行サービスまで。

会社経営で本業の仕事をこなすことは当然ですが、中小企業にとってそれ以外の人事や労務に関する知識を調べ、会社を経営する事の方が難しいことがあります。
その理由として、その業務に関する知識をもった人材を確保するのが大変ですし、社内教育で1人の人間を育て上げることも考えられますが、時間がかかる上、その作業自体で売り上げが上がるわけでもなく、もし本業との兼務になると、その作業に労力と時間を奪われてロスが出てしまいます。

そこで人事や給料の計算などに関する作業のアウトソーシングを検討してはいかがでしょう。
そのサービス内容として給与計算代行からはじまり、労務の相談や、労働保険や社会保険等の多続きなどを委託することが可能です。

また、会社経営でおきるトラブルに対しても相談できるので安心です。
労使交渉などもその一つで、経営者側と労働者側の懸け橋にもなってくれます。
このサービスが実現できるのも国家資格を有した専門のスタッフがいるからで、その代行会社にもよりますが弁護士や社会保険労務士、行政書士、公認会計士がいるのでどんな些細な事でも、すぐに相談することが出来て安心です。

単なるアウトソーシングと考えないでもっと深く付き合っていく事で、会社の経営戦略のパートナーにもなってくれます。
今現在抱えている問題を解決するすべを教えてくれるので場合によってはコスト削減にもなります。この業務を委託することによって本業の仕事が効率よく進み売り上げアップに貢献してくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ