新人には社会人のマナー商習慣など、人材育成に効果的な人事研修

社員研修と言えば集団で講義を受けたり、協力作業で一つの目標を達成したりするなど、多くの方法やカリキュラムがありますが、多くの場合は外部の研修専門の企業へ委託するか、社内の人事関係の部署で独自に実施するかのどちらかで行うことになります。

特に社内の専門部署で研修を行う場合には、ついつい精神論に研修内容が偏ることが多いので、注意が必要です。
人事の研修では会社への忠誠心を養うことが目的の場合もありますが、社員各人の能力を高めることによって会社の価値を高めることが大きな目的です。

この目的を達成するためには、社員の役職によって研修の内容が大きく変わります。
新入社員に対する人事研修では、社会人としてもマナーや、商習慣、会社全体の業務の内容などを最低限学ぶことが必要とされます。

このような研修内容の他に営業に関係する部署では、商品の飛び込み営業や一定数の名刺交換を行うなどの実践的な研修が行われることもあります。
20代後半から30代の社員の研修については、これから幹部候補生を絞り込む上で重要な要素となるプロジェクトの管理や部下の指導などの、組織を動かすための研修や能力を身に付けることが必要となります。

また、幹部としての出世が決まっている社員に対しては、専門性よりも経営に対するスキルや社会情勢や経済界の状況をしっかりと把握するための研修が必要です。
このような研修によって優秀な人材育成が可能であり、企業の価値を高められます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ