人事労務の求人で採用されるためには

人事労務の仕事は、一定以上の規模がある会社においては必要不可欠な仕事です。
人事労務(以下では、単に人事と略称致します)は、会社全体が円滑に業務を行えるように様々なサポートをすることが主な業務となります。
例えば、採用に関する事務を補助すること、社内の教育・研修体制を整えること、人事評価制度を策定すること、社会保険の手続きを行うこと、勤怠を管理すること、労働組合との折衝をすることなどの業務があります。

決して目立つ仕事ではありませんが、会社運営にとってなくてはならない存在です。
この人事の職に就くためには単に求人を探すだけではなく、自らが人事にふさわしい能力を持っていることを示すことが重要です。

人事の求人に応じるために、一般に必要とされるスキルや能力としては主に以下のような事項があげられます。
まず、ワード、エクセルの表計算など基本的なPCスキルがあることは必須といえます。
また、事務処理能力に長けていることが必要です。

必要な情報にインターネットや書籍からアクセスし、要点を摘出した事務処理ができることが必要です。
さらに、業務の内容柄、社会保険労務士の資格を有していると採用選考時の印象は良くなります。

まさに人事の専門家としての資格を有しているという最大のPRになるためです。
そして、採用されるためのポイントの最後に人間力とでも言うべきスキルです。
社内、社外の様々な人と接するため、コミュニケーションに長けていること、人を洞察する力などが必要です。これらが人事労務の仕事に求められているスキルといえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ