組織の人事の課題をコンサルしてもらう

企業は人の集合体の組織であり、それだけに経営陣や人事担当者は、その配置にずいぶんと気を配るものです。適材適所の配置に成功した場合、その部署はひとりひとりの能力以上の力を発揮します。
しかし配置を誤るとマイナスのベクトルが働き、思ったほどの成果を達成できないという事態になりかねません。

正社員の配置だけでなく、契約社員や派遣社員、アルバイト・パートといった非正規社員の有効活用も念頭に入れなければなりません。
一方でコストの圧縮を図りつつも、最大限の成果を発揮するような組織づくりができるようにすることはとても難しい課題といえます。

近年は離職したり休職する社員も増加しています。
正社員になるまでに苦労を重ねたにもかかわらず、いざ仕事に就くと辛さを感じたりもすることもあるのでしょう。

これまでと異なる環境に適応できない人材も存在します。
しかし配置した人事側からすると、簡単に休職や離職されるのは大きな問題です。
どのようにすればより企業に定着し、一定の能力を発揮する組織づくりをするかを人事コンサルタントに助言を求めたいという声も大きくなってきました。
外部から助言を求めることで、これまで社内だけでは見えていなかった課題が明らかになることもあります。

適切なコンサルに従うことで課題の解決に向かうこともあるでしょう。
外部から助言を求めることに抵抗を感じる方もいるかもしれません。
しかし専門的で客観的な助言は非常に貴重なものになるはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ