人事の仕事の中で、解雇通告は恨まれる可能性があり、企業自体にも悪影響を及ぼす場合があり、その対策として、コンサルの導入は有効性があります

人事の仕事の中で、特に採用に関してはそれ程のストレスもないのですが、解雇通告に関する決定に関しては、大きなストレスを伴います。
人に恨まれる可能性のあるこの決定は、個人のみならず企業自体にも悪影響を及ぼす場合もあり、特に企業への悪口など、最近のインターネットの情報の広がりの早さは昔とは比べ物にはなりません。

悪影響を及ぼす一要因に過ぎませんが、大ダメージを与えることもありますので十全な対策が必要でしょう。
そういった意味で言えば、コンサルの導入はかなりの有効性があります。
これにより、人事に対するアドバイスがあった事にして社員の解雇を行う事で、企業に対する怒りよりもコンサルに対する怒りを持つ可能性が高くなります。

そうする事で、企業に対する不評を防ぐというのもありではないでしょうか。
そして、その対価としてお金をコンサルに払う事は決して損ではないでしょう。
地元企業でいえば、すぐに不評は広まり影響は大きくなりますので、ここへの対処は十全でないといけません。

たとえ企業側に落ち度がなくても、相手方の悪意でいくらでも事実が捻じ曲げられる時代です。
個人でも、インターネットを使えば特定されずに不評を流す事ができてしまいます。
自分達が恨まれないようにではなく、企業自体が恨まれないようにする努力が必要です。

そのために、外部の干渉は良い面も多分にあります。
そして、恨まれる事も仕事の内と割り切っている専門家もいますので、利用しない手はないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ