求人情報を的確に流すことは人事の腕の見せ所です

求人情報は的確に分かりやすく流さなくては良い人材が集まらないですし、雇った後で話が違うとトラブルになることも考えられ、せっかくお金をかけて雇った人材がすぐ辞めてしまう可能性もあります。
そうならないためにも、良い求人情報を求人媒体に流すのが人事部の腕の見せ所です。

もちろん、媒体によってはフォーマットが決まっており、ただ雇用条件を載せるだけのものもあります。
しかし昨今では、ネットを使った就職活動が主流なため、雇用条件だけを載せるだけでは良い人材が敬遠してしまいます。

そこで、媒体に働く様子の写真を載せたり、すぐ会社のホームページに行けるようにアドレスを貼り付けたり、また、働いている人の声や動画なども掲載するものが出てきています。
しかし、こうした努力をしてもなかなか細かい部分が伝えきれていないこともあります。

他の手段としては、大学生のうちから職場体験をしてもらったり、なかには、実際派遣社員のように働いて給料を出して、優秀な社員を早めに確保する動きもあります。
また、人材紹介会社に登録して、採用にかかる経費を落としながら、優秀な人材を確保している会社もあり、人材紹介会社に登録しておけば、最初から人材紹介会社で1度振るいにかけてくれますし、会社説明もきちんとしてくれています。

会社のことを分かった上で応募してくれる人材がくるので、入った後に話が違うから辞めるというトラブルが少なくなります。
待っていれば優秀な人材が勝手にやってくる時代は終わったため、優秀な人材を確保するには、会社がなんらかの動きをする必要があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ