人事に関する事は企業の中核で、有益な人材、効率的な人材配置が利益をもたらします

どんな企業であれ、人を雇用し、その人の働きによって利益をもたらします。
様々な形態のビジネスがあるかとは思いますが、根本は人が生み出しているものです。
より有益な人材、効率的な人材配置が大きな利益をもたらすため、人事に関する事は企業の中核と言っても過言ではなく、何よりも大切なものだと言えます。

しかし、昨今の不況を考えますと、思い切りの良い人事は行えないというのも事実です。
そこで、より効率的に人材を集めるにはどうしたらよいのでしょうか。
業種により異なる点はあるかと思いますが、その作業に対する最低人員の算出よりも、その作業に関して一般よりも特化した人間を集める事が大切です。

経営で最も比重のある人件費を効率的に削減する事は、利益の向上に直結します。
ならば、総合的に優れた人間よりも、一部に特化した人間を適材適所に配置して効率化を図る方がはるかに良いでしょう。

この分野は駄目だけどこの分野なら凄いといった考え方ではなく、その分野で凄いといった表現でマイナス面に接しない現場に配置するべきです。
その事により、無駄な人件費を削減していく事ができます。

しかし、バランスと言うものがあり、頭の中での算出で全ては上手くいかないのも現実です。
自分の組み立てた組織を客観的にアドバイスしてもらえるような支援が必要で、全てをまかせる支援ではなく、その道の考えと雇用という観点からトータルで人材を考えなければなりません。
そういった支援をするコンサルタントに対して過剰に身構えず、アドバイスといった付加価値で考えるとスムーズに経営が行えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ