人事課は、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントの相談もここで行う場合があり、配置転換など、積極的に動いてくれるところが強みです。

一般的に人事に相談する事といえば、配置転換などの希望であると思われがちですが、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントの相談もここで行う場合があります。
パワーハラスメントなどは、直属の上司である場合がありますので、してくる相手に話すわけにもいきませんし、その上司の上司に相談しても良いのですが、逆に考えれば上司の上司から見れば部下なので、不祥事と判断して対応してくれない場合も考えられます。

そんなときに、専門窓口があるような企業なら良いのですが、あまり大きくない所だとそうした窓口が存在しないところが殆どです。
そこで相談するところになるのが人事課となり、直接的な利害関係がありませんし、最高責任者に直訴する権利があるところでもあります。

不祥事の隠蔽というのは、話を聞いていたのにそれに対して対応しなかったことにあり、起きたこと自体には責任がないので、積極的に動いてくれるところが強みです。
パワーハラスメントなりセクシャルハラスメントをしてきた人をすぐに首にすることはないと思いますが、配置転換させたり、自分が転属を希望して離れることもできます。

とにかく顔を合わせることのない場所に逃げるためには、人事に話をするのが一番です。
もちろん、この事は正式な対応をするまでくれぐれも内密にと断っておいて、結果を待ちましょう。
最悪の場合には裁判も覚悟していると言えば、腰の重いところでも対応してくれるはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ