人事部門にも将来を見通した求人活動が求められています

企業を構成しているのは「人」であるという観点から、企業にとって社員の処遇を取り扱う人事は非常に大切な業務の一つで、通常各企業にはそれを専門に担当する部署なり担当者が存在します。

その人事担当の実際の業務は、必要な人材を確保する為の採用活動、入社後の教育や所属部署の決定、さらには勤務評価や異動といったものを含め、最終的に退職に至るまでの多岐に渡ります。

近年、他社との差別化を図って競争力を増すには、有能な人材の採用や採用後の人材育成が不可欠との認識が高まり、担当部門にも、新卒だけではなく経験者の採用の推進や、採用後の教育・育成の充実が望まれている状況です。

従って、人事部門には他部門との連携により短期・中期・長期に必要とされる人材を予測して採用活動を行うという業務が課されるケースもあります。

実際に企業が求人を行う方法は、新卒の場合は公募ないしは学校推薦が一般的で、公募では就職情報誌や「リクナビ」「マイナビ」などのウェブサイトの利用、大学が開催する就職説明会といったものが主流です。

また、経験者の採用や通常中間採用と呼ばれている求人に関しては、新卒同様の就職情報誌やウェブサイトの他、「パソナ」「アデコ」といった人材紹介業を行なっている会社から紹介してもらう方法もあります。

こうした人材紹介業者は専門知識を持っている人を登録していたり、転職支援を請け負っているので、特に専門技術を持った経験者が必要な時に便利です。
この様に、企業の一層の発展の為には将来を見通した求人活動が大切で、インターネットや人材紹介業者を上手に使って望む人材を獲得しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ