経営人事と会社にとって最も重要な「人」

人事は、その企業で働く人々にとって大きな関わりを持つものです。

人事が果たす役割のうち、採用から退職、異動など、人員の管理に関わりを持ち、そこで働く人々の雇用形態の違いやそれぞれの状況を正社員や契約社員、パートタイマー、派遣社員などといった雇用形態の違いに関わらず、人々の状況を管理する立場である以上、必然的に把握していくことになります。

また、経営とは主に会社運営に用いられる言葉で、事業目的を達成するために、継続的で計画的に意思や事業活動を行い、正しく事業を管理して遂行することを言います。

ここで有効的に使われる会社の資源としては、人材、資金、物、情報といったものをどこに集中させ、配分していくかを選択し、目標達成のためにもっとも適した案を選択していくことが重要で、会社の強み、弱みや、内部環境及び外部環境などを把握した計画を行うことも大きな要素です。

経営者はこれらの環境要素などを分析し、従業員を何人雇うか、何処に何人配置するのかといったことや、市場の規模、商品製造への投資などと複数の案を出し、その中からベストと思うものを選択していきます。

これら2つの人事と経営があってこそ、経営人事があります。
人、物、金、時間、情報、これらどれかが欠けても経営は成り立たず、会社を支えるのに最も重要な「人」がいなくては、会社として成り立ちません。

企業は人で決まるからこそ人を育てよという「企業は人なり」との名言がある通り、会社が人を活かせるのならば、人が会社を活かすことにも繋がります。
その会社にとってその人達こそが資産となり、人と経営が密接に関わる経営人事は企業価値さえ左右するのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ