人事労務コンサルタントは企業成長をサポートします

人事は、企業その他の団体などに所属している職員の待遇などといった決定に関する業務を行い、これには採用から異動など、要員の管理も挙げられます。

管理には、入社時の一時的な申請業務から中長期的に時間を掛けて行う人員計画などを立てて事業活動を行ったり、正社員やパートタイマーなどの雇用形態に関しての配置計画など、人に関わること全てを考慮していくことが求められます。

また労務は、労働に関する事務一般を行うもので、働く上でのルールを作って運用するほか、労働力の使用や管理に関する事務を主に行います。

具体的な内容としては、社会保険手続きをはじめ、毎月の給与計算の他、法律で定められている健康診断の実施計画を作成したり、福利厚生の申請に関する業務や、そしてその人材の各種データや配置転換など、企業により異なるもののこれらが主な業務となります。そして、コンサルタントはコンサルティングを行う個人もしくは法人のことを指します。

主な行動としては、企業などの客であるクライアントに対して労務に特化した専門知識を活用し、働きやすい環境整備の提案や問題点の把握、原因を分析し、対策の提案をして企業の発展を助ける業務を行います。
これらが合わさったものが人事労務コンサルタントで、人事と労務のあらゆる面で企業をサポートします。

職場の環境を整えること、人と組織が共に成長できるよう就業規則を作成してより良い環境を作ること、労働トラブルや労務管理といった問題の解決などを行い労働法に精通したコンサルタントが経営の相談を受けることなど、様々な問題の解決や改善によって企業の成長に繋がります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ