人事事務は企業の人材に関する様々な業務を行う仕事

人事事務は企業の人材に関する様々な業務を行う仕事で、その大まかな仕事内容としては、「人材の採用」「社員への教育研修」「人材配置や昇進・昇格の決定」「人事制度の策定」などが挙げられます。

更に、企業によっては庶務や総務の業務を兼ねるという場合もあり、その仕事内容は多岐に渡っています。
人事という仕事柄、個人情報などのプライベートな情報を扱う事も多く、しっかりと個人情報保護法を把握して、慎重な情報管理が求められる仕事でもあります。

詳しい仕事内容としては、まず「人材の採用」の仕事として、新卒や中途採用の人員計画や募集告知、会社説明会の開催、面接の手配などがあり、「社員への教育研修」においては、新卒社員への導入研修や役職・職務に応じたマネジメント研修、スキル向上の為の講習などを企画および実施します。

「人材配置や昇進・昇格の決定」では、各部門の上長や現場の社員から情報収集を行い、昇進・降格・転勤・異動・配置転換・出向・退職・解雇といった人材の配置を決定していきます。

その他、企業の規模や時代の変化に合わせた人事制度の見直しを行ったり、社員の勤怠管理・給与計算・社会保険加入手続き・定期健康診断を行ったりなど、大変やりがいのある仕事です。

この仕事に就くには高いコミュニケーション能力が求められ、基本的なパソコン操作スキルや労務関連の専門知識も必要となります。
また、プライベート情報を多く取り扱う為、秘密保持が行える事が絶対条件でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ