大阪市の人事労務管理は社会保険労務士へ

人事労務管理は経営管理の領域の一つで、企業が従業員に対して行うものです。
具体的な管理内容は、雇用管理と言って採用、配置、職務分析、人事考課等があり、良質な労働力の確保や人材を適した部署への配置を目指しています。

人事管理では他に、作業(時間や動作の研究)・時間(労働時間制度の構築)・賃金・安全衛生管理、教育訓練(研修・資格取得勧奨)等の種類があり、労使関係管理の分野では、労働組合対策と従業員対策があり、人事・労使共に相互補完的に動いています。

社内で問題が解決できなくなったら、専門知識を持っている社会保険労務士が頼りになります。大阪市には、頼りになる社会保険労務士の事務所が数多くあり、雑誌等に取り上げられた事もある富田労務管理事務所は、親切・丁寧をモットーに提案し、解決を目指しています。

ここではトラブルを未然に防ぐ、人事労務リスクを見つけ出す事が重要視されていて、リスクの例としては、従業員の戦力ダウンによる商品・サービスの品質悪化、企業内の機密事項の漏えい等があります。この事務所は、経営に専念できる環境を整える為に全面的にフォローしてくれるので人気が高いです。

また、大阪らしいネーミングの繁笑(はんじょう)事務所は社名から笑いが溢れる雰囲気が伝わりますが、社労士自らナニワの芸人社労士と紹介しています。
コンセプトは、お客様の従業員に楽しく仕事をして頂きたい、いつも笑っていてほしい、商売繁盛を願う、この3つで、明るい雰囲気で相談しやすい事が魅力です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ