利息制限法の上限を超えて支払った利息に関しては過払い金返還の請求が出来ます

利息制限法の上限は、元本が100万円の場合には15パーセントとなっており、これを超えて支払った利息に関しては返還を請求することが出来ます。
消費者金融は年間29パーセント以上の金利を長期間設定していましたが、これは利息制限法の上限を大きく超えているため、利用者は払いすぎていた利息の請求を行えます。

これを過払いの返還請求と呼び、最近では報道でもよく見かけるようになりました。
消費者金融は、主に融資の限度額が50万円の小口の貸付を行なっていました。
元本が50万円の場合には、利息法の上限は年利18パーセントと定められています。

単純に計算すると50万円を消費者金融から借りていた場合には、金利が29パーセントと設定されていたので14万5千円支払っていたことになりますが、利息法では18パーセントまでとなっているために9万円払えば良かったこととなり、差し引き5万5千円が支払い過ぎた利息となり請求可能です。

この計算によると約10年間利息を払い続けていた場合には、借金を全て返しきることになります。
過払いのお金が戻ってきた人の中には、全ての借金を返すことができたうえに、手元にお金が残るというケースも珍しくはありません。

長期間利用していた人ほど多額のお金が戻ってくるので、過去に利用したことのある場合には、交渉を行うことを検討するべきでしょう。
過払い金返還の請求を行うことは、利用者の正当な権利です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ