過払い金の請求とブラックリストの関係

消費者金融に払いすぎていた利息の返還を請求することを、過払いの返還請求と呼んでいます。

過払いの返還請求を行ったことは、以前はブラックリストと呼ばれる金融機関の信用情報に事故情報として載ってしまいましたが、現在では、過払いの返還請求を行うことは利用者に認められた正当な権利であることが理由となり、ブラックリストに載ることはなくなっています。

過払いの返還請求を行うことで生じるデメリットは、請求先の消費者金融からの融資を、将来的にも受けることが出来なくなるということぐらいとなっています。
消費者金融は、以前には利息制限法を超える金利を設定していたために、利息制限法を超えて支払っていた利息が過払い金となり、利用者に返還するという事例が多発しています。

請求された過払い金の支払いが困難となったために、大手の消費者金融の会社が倒産してしまったケースも出てきています。
返還される額が1000万円を超えているケースも珍しくはなく、借金を全て返済した上に手元にお金が残るということが多くあるようです。

多重債務に悩んでいる人たちにとっては、現状の返済から脱却出来るだけではなく新たにまとまったお金が戻ってくるということは魅力的なことだと思われますが、元々は自分が支払っていたお金だということは認識するべきでしょう。

過払いの返還の請求を消費者金融に対して行うことは、利用者にとっての正当な権利であるだけではなく、適切な返済を行う必要があるというメッセージとも言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ