大阪には、過払い金に関する相談が出来る司法書士が、数多く存在しています。

司法書士という資格をご存じでしょうか。
国家資格の一つで、その仕事は登記や訴訟に関しての手続きや書類作成を依頼人に代わって行うことで、言わばその道のプロだと言えます。
日本経済の低迷で、様々な会社が打撃を受けています。

また、不景気はもちろん、個人の生活にも影響を与え、家計を圧迫する一方です。
節約できるものは切り詰めたとしても、子どもの教育資金や家の補修など、どうしても必要な費用は発生してしまうものです。

預金が十分にある場合は別ですが、目の前に迫った支払期限に間に合わせることができない時などは、消費者金融に頼ることになります。
返済の見込みがあり、すぐに返すことができれば問題ありません。

しかし、借り入れたものの返済ができず、一旦返済してまた借りるということを繰り返したり、返済期間が長期に渡ってしまったりと、悪循環に陥ることもあります。
こうなると、元々借りたお金はわずかであっても、利息が膨らみ、いつの間にか利息が借入金の何十倍にもなってしまうケースもあります。

消費者金融の中には、法律で定められた利率を上回っている業者がいます。
法定以上の利息を支払うことを過払いと言いますが、そういったお金は戻ってくる場合があります。

完済したけれど過払いがあるのではないかという疑いがある場合は、一度司法書士に相談してみましょう。

大阪には、実に沢山の司法書士がいます。
過払いを専門にしているところもありますので、悩んでいないで、気軽に相談してみるのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ