過払いブログを参考にして専門家の力を借りて取り戻しましょう

過払金とは、文字通り払い過ぎた金銭のことを言います。
これは主に、利息制限法に定められている利率を超えて借入れした人が、本来は借入金の返済を終わっているはずのまま返済を続けたために払い過ぎた金銭を指します。

利息制限法によって、金銭消費貸借の利息は元本が10万円未満の場合は年20%まで、元本が10万円以上でさらに100万円未満のケースは年18%まで、元本が100万円以上の場合は年15%までが法によって許可されており、これを超える利息として、グレーゾーン金利が存在します。

このグレーゾーン金利は、それぞれの許可された利息から年29.2%までを指しており、これを超えない限りは刑事罰には問われないため、今もなお過払金の問題が数多く存在しています。

このようなグレーゾーン金利によって過払金を支払った場合には戻ってこず、泣き寝入りするしかないのかと言うとそうではありません。
同じく利息制限法により制限過利息を支払ったときには、当然その返還や現在ある借金への充当を求めることができます。

過払いになった場合には、民法703条により不当利得に該当するとされ、返還を求めることができるものの、弁護士や司法書士などのプロが入ってこないケースでは、業者も訴訟外で過払金を返すことは少ないです。本人訴訟では逆に追い込まれるケースがあるため、できる限り専門家の力を借りましょう。

ネット上には過払いブログというものがあり、他の方が過払金を支払っていたケースから、実際に金融業者から過払金額を返還されたものまで参考となるものがあります。
もしも過払金を支払っている可能性があるのなら、ブログを参考にしてまずは専門家に相談してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ