東京で過払い請求について相談出来る法律事務所

利息制限法を超えた出資法までの金利は、かつてはグレーゾーン金利と呼ばれ、罰則規定も存在しなかったところから各消費者金融会社やカード会社などの中では、この金利により貸付を行っていたところが多くあります。

しかし、利息制限法の上限金利を超える貸し付けは認められないことから、上限金利を超えた分で支払ってきた利息を過払い金と言い、この返還を求める過払い金請求を行う人が増えているのが現状です。現在、以前からの借金で返済に苦しんでいる人はもちろんのこと、借金を完済していた人でも、完済から10年以内であれば時効にかかることなく請求を行うことが出来ます。

東京で過払い金請求の手続きを代行してくれる法律事務所として、東上野の「真下法律事務所」では、無料相談を行って即日で回答しており、着手金が無料で、過払い金が戻ってこなかった場合には費用がかからない完全成功報酬制をとっているのが特徴です。

池袋にある「藤田司法書士事務所」では、電話予約による債務整理も合わせた無料相談を行っており、こちらでも完済している過払い請求に対しては成功報酬で、過払い金から清算する方式をとっています。

日本橋にある「司法書士法人クローバー総合事務所」でも同様に報酬は後払いで、信用情報を傷つけないために、現在取引のある業者のうちで完済した業者か、引き直し計算で借金が残らない業者に限って過払い請求を行うことが可能です。このように、東京に拠点を置く法律事務所では、過払い金請求に関しては成功報酬だけで行うことが可能なところが多くあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ