過払い金返還の請求を弁護士に依頼するメリット

消費者金融などの貸金業者から取引履歴を取り寄せて、法定利率との引き直し計算を行い、和解交渉を行うことで過払い金が返還されます。
近年ではCMなどの影響もあり、過払い金の返還請求が注目を集めています。

それに伴い、返還請求手続きに関する出版物やウェブページが多く出回り、自分で返還請求をしようと考える人が増えています。
しかし、貸金業者との交渉や様々な手続きには専門知識が必要で、個人で作業するには時間がかかります。

また、個人での交渉では相手にされず、取引履歴の提出を拒まれたり、金額を減らされたりというトラブルが多発しているのが現状です。

そこで、専門家である弁護士に依頼するというのが得策であると言われています。
そのメリットとして、煩わしい貸金業者との交渉や引き直し計算、書状の作成や裁判所への手続きなどから解放され、手続に関するミスが防げることが挙げられます。

過払い金額を計算し、その計算結果を業者に報告して請求する手続きには専門的な知識が必要であり、沢山の時間と手間がかかります。さらに、請求金額の計算をミスしてしまえば正しい請求ができなくなる可能性も出てきますが、弁護士は知識と経験を活かした正確な計算と、手続きにより交渉を有利に運んで解決します。

そして、自分で手続きするよりもはるかに短い時間で話し合いが進み、全額請求の可能性も高くなりますので、最大限の金額返還が期待できます。
司法書士に依頼する場合は140万円を超えない場合に限られますので、取引期間が長い場合は初めから弁護士に依頼すると安心です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ