沖縄で過払い金請求問題に取り組む司法書士事務所

過払い金とは、利息制限法を超える金利で借入れをしていた場合に支払っていた利息のことを指し、その分の金額は過払い金請求の手続きで取り戻すことが出来ます。

この手続きは、現在も返済を続けている人はもちろんのこと、すでに完済していても、取引終了から10年の時効を迎えていなければ行うことが出来るので、弁護士や司法書士などの専門性の高い方に代行を依頼するのが一般的です。

このような過払い金請求に取り組んでいる沖縄の司法書士事務所には、那覇市の那覇地方裁判所のななめ向かいにある「司法書士法人匠事務所」があります。
債務整理の業務と共に過払い金請求業務を行っており、債務整理関連に関しては相談料、着手金ともに無料で、費用の分割にも応じてもらえます。

相談の受付は、午前8時30分から午後5時30分で対応しています。
浦添市役所の近くにある「中村敦司法書士事務所」では、フリーダイヤルに相談予約の電話をすれば、相談は何度でも無料です。

相談時間は、平日は午前9時から午後6時までで、夜間は午後6時から8時の間、土曜日には午前10時から午後1時までの間で事前予約に限り相談会を行っています。
なお、電話での相談に関しては、誤った認識を持ってアドバイスをすることが無いように原則として受け付けていないので注意して下さい。

このように、沖縄には地域に根差した司法書士の事務所があり、特徴もそれぞれ異なりますが、相談に関してはどちらも無料なのでまずは相談をして、自分の信頼出来る事務所を選んではいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ